ニゾラールに配合されているケトコナゾールという成分は真菌に対して幅広く有効で強力な殺菌作用を持っています。何が言いたいかというと水虫にスゴイ効く!ということです。嘘だと思ったら試してみてください!

白い薬と花と女性の脚
  • ホーム
  • ニゾラールクリームは副作用が少ないのが嬉しい!

ニゾラールクリームは副作用が少ないのが嬉しい!

カプセルと瓶と葉

真菌による皮膚感染症の治療に用いられるのがニゾラールクリームで、主に白癬菌によって感染した水虫やカンジダ症で効果を発揮します。
名前通りクリーム状の塗り薬で、感染部位に塗布することで抗真菌作用を発揮し、真菌が増殖したりかゆみなどを引き起こす症状を抑えることができます。
ニゾラールクリームの主成分はケトコナゾール、アゾール系のうちのイミダゾール系に分類され、強い抗真菌作用を示します。
白癬、カンジダ以外にも広い抗真菌スペクトルを持ち、癜風や脂漏性皮膚炎の治療でも使用されることがあります。
持続性があり1日1回の塗布で済むのに加え、塗り薬という性質上、全身に作用しないため副作用がほとんどありません。
刺激もかなり抑えられていて、よほど肌の弱い人でない限りは塗布した後の刺激痛に悩まされることもないはずです。
ただし、重度の水虫で肌が化膿していたり、皮膚が剥けて肉が見えているような状態では使用できないので注意しましょう。

ニゾラールクリームの副作用としては、皮膚がしみる、ヒリヒリするなどの刺激感と、紅斑や発赤、かゆみ、かぶれといった皮膚症状が起こる可能性はあります。
とはいえ、頻繁に起こるものではなく、ほとんどは刺激に弱い体質、患部が重症化している人でしか起こらないようです。
安全性は高く、真菌への治療効果も高いので多くの人が利用しているのが現状です。
厚生労働省によって認可されていますが、市販薬としての販売は認められていないため、近所のドラッグストアや薬局などでは販売されていません。
安全性は確立されていますが、入手方法は病院での処方によって必要と判断された場合のみ、または個人輸入によるネット通販のみです。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧