ニゾラールに配合されているケトコナゾールという成分は真菌に対して幅広く有効で強力な殺菌作用を持っています。何が言いたいかというと水虫にスゴイ効く!ということです。嘘だと思ったら試してみてください!

白い薬と花と女性の脚
黄色のカプセルと瓶

ニゾラールクリームに配合されているケトコナゾールはイミダゾール系と呼ばれる抗真菌薬であり、真菌に対して幅広く有効で強力な殺菌作用を持っています。
真菌というのはカビの仲間の事であり、皮膚真菌症の主な原因である白癬菌に対して有効な他、カンジダ菌などほかの真菌に対しても効果があります。
白癬菌に感染すると聞くとイメージが分かりにくいかもしれないですが、一般的にもよく知られている白癬菌に感染する事で起きる病気として水虫が挙げられます。
水虫は白癬菌が原因で起き、そのまま放っておいても治るものでは無いですが、ニゾラールクリームの中に含まれているケトコナゾールならば完全に治す事が可能です。
ケトコナゾールは継続使用が大切ですので、完全に治るまでは使い続けましょう。
病院へ通うのが大変、という方はニゾラールクリームの通販サイトもあるので活用するのも良いかもしれません。

どのようにして白癬菌に対して働きかけるのかというと、真菌の細胞膜を構成する主な成分であるエルゴステロールが作られる事を阻止する事で死滅させる事が出来るのです。
真菌に対して有効ならば人の細胞に対しても有効でクリームを塗った際に周囲の細胞にまで影響があるのではないかと心配する人もいるかもしれないですが、それについては考えられた上で用いられています。
真菌と人の細胞とは全く同じように構成されているわけでは無く、抗真菌薬というのは方法は薬によっても違いますが細胞の違いを利用して人の細胞に対しては影響を与えずに真菌に対してのみ働きかけるようになっているのです。
そしてケトコナゾールの場合はそれがエルゴステロールの合成を阻害する作用であり、ニゾラールクリームを患部に塗れば真菌を死滅させる事が出来るので、使っていれば水虫を治療薬で治す事ができます。
ただ、真菌感染症によってはクリームでは対処が困難なケースもあり、真菌に対して有効であるとは言ってもクリームで全ての真菌症に対して対応する事が出来る訳では無く、症状に応じて有効な治療薬は変わってきます。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧